ホーム / ニュース解説 / 取引所バイナンスと重鎮マカフィー氏の喧嘩の行末はいかに?ハッキング疑惑に湧くバイナンスの対応力

取引所バイナンスと重鎮マカフィー氏の喧嘩の行末はいかに?ハッキング疑惑に湧くバイナンスの対応力

世界でトップクラスの取引量を誇る仮想通貨取引所のバイナンスは、サーバーメンテナンスが予想以上に長引いており、ハッキング疑惑が持ち上がりその火消しに追われていますが、2時間おきに情報公開するなどその対応力に称賛の声が上がっています。

バイナンスは取扱うコイン数の多さや手数料の安さから世界規模でユーザーを増やしており、70万人以上の日本人会員を抱える世界トップクラスの取引所です。

今回行われたサーバーメンテナンスは、公式情報では「ハッキングされたわけではありません」。レプリカーデータのサーバーに問題があり、一部データがマスターデータとレプリカーデータが同期できなくなっているため、メンテナンスを実施したようです。

世界有数の取引量を誇っているためデータ量は膨大であり、メンテナンスが長引いてるようです。もともとのアナウンスでは、メンテナンスは日本時間の8日(木曜)の午前中に始まって数時間で完了する予定でしたが、9日(金)16時時点でも完全には完了していないようです。

 

積極的な情報公開を続けるバイナンスの対応力

 

バイナンスはメンテナンスの進捗状況を約2時間おきにTwitterで投稿し続けており、不安視する投資家への安心材料となっています。一部で持ち上がっているハッキング疑惑の払拭の意味合いがあること、また今年1月に起きた世界有数の取引所クラーケンのメンテナンスへの批判の二の舞を踏まないための迅速な情報公開です。

 

マカフィー創業者によるバイナンスハッキング疑惑発言

 

バイナンスのメンテナンスが、ハッキング疑惑に置き換わってしまった原因の1つはあの人のツイッターでの発言です。あの人とは仮想通貨業界に大きな影響力をもつジョン・マカフィー氏です。皆さんのパソコンにインストールされているかもしれないウィルスソフトMcAfeeの生みの親です。彼が自身のツイッターに「バイナンスがハックされた」と何度も投稿し、ハッキング疑惑が大きく膨らんでいきました。

 

 

当然、このハッキング疑惑にバイナンスは黙っておりません。すぐさま反論を開始します。バイナンスのCEOである趙氏は、自身のTwitterで「あなたが恐怖心やハッキング疑惑を煽っている。私たちはあなたが間違ってることを証明する」と反論。

 

 

また、ハッキング疑惑を払拭するためにコールドウォレットからホットウォレットに30,000BTCを移動し、資産公開しました。このような積極的なバイナンスの情報公開にバイナンスユーザーは好意的で、疑惑はごく一部の噂話として捉えられています。

 

バイナンスの資産公開によるエビデンス

バイナンスメンテナンス

 

 

情報公開の背景にあるクラーケンのメンテナンス批判

 

バイナンスの情報公開は、ユーザーにとっては安心材料となっています。この背景にあるのは、先月10日に起きた取引所クラーケンで起きたメンテナンス批判です。1月10日より当初2時間を予定していたメンテナンスに伴う稼働停止が長引き2日間に及んだこと、また非常に限られた情報しか公開されなかったことに対し、利用者から不安の声が続出しました。この騒動の翌日、13日にバイナンスユーザーは急増したと言われています。クラーケンの二の舞を踏むまいと、バイナンスは積極的な情報公開を行ったと思われます。

 

クラーケンの場合、何が一番不手際だったかといえばエンジニアを帰宅させたことです。長期化するメンテナンスに一番有効なのはエンジニアを休息させることだとし、エンジニアを帰宅させました。エンジニアは人間ですから休息は必要ですが、資産を預ける取引所のアナウンスとしては明らかに不誠実に映ったはずです。

 

クラーケン社の乏しい情報公開

メンテナンスクラーケン

 

恐らく、今回のバイナンスのメンテナンスが完了すれば、神対応として信頼度を上げ更なるユーザー増加となることでしょう。

 

合わせて読みたい
バイナンスの関連記事はこちら

 

バイナンスアプリ利用できない

バイナンス(BINANCE)取引所のアプリを使えるようにする方法

バイナンス取引所のスマホアプリがインストールできない   国内の取引所は手数料が高く、また取り扱いコイン数も少ないため世界一の取引高となったバイナンスへ移行している人が増えています。しかし欠点があります。現在、 …

2 comments
バイナンス取引所

バイナンス(BINANCE)で口座開設、手数料最安値、身分証無しで即日取引

取引高世界一のバイナンスが日本語対応しているのは神対応   2017年12月にBinanceが仮想通貨取引高世界1位となりました。2018年はBittrexに代わりBinanceが仮想通貨取引所がメイン利用とな …

1件のコメント
バイナンス口座開設方法

バイナンス(BINANCE)は取引高世界一、日本語登録ができる海外取引所

BINANCE(バイナンス)は中国の大手仮想通貨取引所   仮想通貨取引所と言えば、日本ではビットフライヤーやコインチェックが大手と呼ばれていますが、アメリカではPoloniex(ポロ二エックス)、Bittre …

コメントなし